旦那の浮気調査!探偵ってなにをするの?自分でやる方法は?

旦那 浮気調査

「旦那の浮気調査をしたいんだけど、探偵を雇ったほうがいいの?」
「悪質な業者に騙されないか心配」
「お金がないんだけど、自分でできる旦那の浮気調査方法はないの?」

旦那の浮気疑惑を白黒はっきりさせたいと思った時に、探偵に浮気調査を依頼するか、自分である程度調べるか、悩みますよね。

個人的には、浮気調査はその道のプロに任せるのが確実だと思います。

しかし、「悪質な探偵に騙されるんじゃないか」「高いお金を出すメリットはあるのか」といった不安も少なからずありますよね。

そこで今回は、

・旦那の浮気調査はお金を出してでも探偵に依頼したほうがいいの?
・悪質な業者に騙される心配はないの?
・自分で旦那の浮気調査ってできないの?

という3点について書いていきたいと思います!

旦那の浮気調査はお金を出してでも探偵に依頼したほうがいいの?

旦那 浮気調査
証拠をつかみたいのなら、探偵に依頼するのがいいと思います。

一般人には、写真の証拠1枚撮るのも至難の業です。
逆に、こちらがストーカーと間違われて通報される、なんていうトラブルのリスクもあります。
その道のことは、その道のプロに任せましょう。

とはいっても、あなたが専業主婦なら、調査料金を用意するのが難しい場合もありますよね。

浮気調査の料金体系にはいくつか種類があります。
例えば「時間料金制」というのは、「1時間当たり○○円」と決まっていて、実際に調査にあたった時間に応じて料金があがっていきます。

つまり、調査期間が長引けば長引くほど、料金もあがっていく仕組みなのです。

時間料金制の事務所に依頼をする場合、調査のすべてを丸投げするのではなく、自分でできない部分のみを依頼することで、料金を抑えることができます。

「浮気してるような気がするので、とりあえず1ヶ月間尾行しておいてください」

というのではなく、普段から旦那さんの行動パターンを観察しておき、浮気しそうな日の目星をつけておけば、

「今週の土曜日に浮気相手と会う可能性が高いので、土曜夜~日曜朝にかけて尾行してください」

という依頼のしかたができるのです。

このように料金制度をうまく利用することで、調査費用を抑えることは可能です。

旦那の浮気調査をしたい!でも悪質な業者に騙される心配はないの?

旦那 浮気調査

日常生活で探偵の方と関わる機会はまずないので、探偵という職業に対して明るいイメージを持っている方はあまり多くないかもしれないですね。

しかし探偵は、「探偵業法」という法律で、きちんとその業務が管理されています。

探偵が行える業務は、「聞き込み」「張り込み」「尾行」。
この3つのみに限られています。

よく聞く、「盗聴器の設置」や「復讐代行」や「別れさせ工作」などは、探偵に依頼することはできません。

あなたがもし、「浮気相手の女が憎い!復讐してやりたい!探偵さん、よろしくお願いします!」と依頼をして、それを引き受けるような探偵事務所なら、そこは危ないです。

探偵が違法な業務を行った場合、その探偵に業務を依頼したあなたが罪に問われる可能性もあります。

探偵の善し悪しの判断は難しいですが、「この探偵は心配だな」というポイントは次の3つです。

・法律を守らない
・契約締結を急かす
・調査料金があまりに格安

これらのどれかに当てはまるようなら、別の探偵事務所を検討したほうがいいかもしれないですね。

自分で旦那の浮気調査ってできないの?

先ほども少し書きましたが、尾行と盗撮は自分でやるのはオススメできません。

自分である程度の証拠を押さえ、浮気の行動パターンもつかみ、決定的な証拠(ホテルに入る&出てくる写真など)の確保を探偵にお願いするのがいいと思います。

自分で証拠をおさえる

自分でできる証拠集めで比較的やりやすいのが、スマホチェックとレシートチェックです。

【スマホチェック】

メールのやり取りを証拠に残しましょう。オススメなのは、旦那さんのスマホにメールを表示させ、それをあなたのカメラで撮影する方法です。

LINEでやりとりをしている場合には、浮気相手とのトーク履歴のバックアップを取りましょう。
日付、時間、送信者、メッセージが保存できるので、十分な証拠になります。

もしLINEのバックアップの仕方がよくわからない場合は、こちらのページで詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

【レシートチェック】

「残業」「飲み会」といっていた日のレシートがあれば、中身を細かく見てみてください。

居酒屋で、甘いカクテルやデザートのスイーツなどを頼んでいる場合、女性と食事に行っていた可能性があります。

レシートを集めておくと、旦那さんと浮気相手が行くお店の傾向をつかむ材料にもなります。

行動バターンをつかむ

浮気をすると、旦那さんは家を空ける理由をいろいろ考えてきます。
大抵は「残業」「出張」「休日出勤」など、仕事を理由にするケースがほとんどです。

旦那さんが残業や出張や休日出勤をした日は、すべてスケジュール帳に控えておきましょう。

「お給料日直後の金曜日にはいつも残業をする」
などの法則がつかめると、探偵への依頼がしやすくなります。

旦那の浮気調査!探偵ってなにをするの?自分でやる方法は? ~まとめ~

旦那さんの浮気調査について書いてきましたが、いかがでしたでしょうか。
最後に簡単にまとめておきましょう。

【探偵に依頼をする】
 証拠をつかみたいのなら探偵に任せるほうが確実
 自分では調査できない部分のみを依頼するという手もアリ
 要注意な探偵事務所は
「法律を守らない」「契約締結を急かす」「調査料金があまりに格安」

【自分で調査をする】
 スマホとレシートをチェックして証拠を押さえる
 旦那の浮気行動パターンをつかむ

「でもやっぱり、探偵事務所には行きにくいなあ」と感じているあなた!
探偵は、様々な浮気や不倫の現場を見てきた、プロの方です。

事務所選びさえ失敗しなければ、探偵に依頼するのはメリットのほうが大きいと思いますよ。

このサイトでも、多くの探偵事務所を紹介しています。
どこも、しっかりした調査を行ってくれる事務所です。
迷った時には、ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す