やめたい……けどやめられない。不倫のやめ方って?

不倫 やめ方

「不倫をやめたい」
「不倫のやめ方を知りたい」

という人が意外に多いのを知っていますか?

主人に不倫をされていたとき、私は「離婚をしている人の心理」について調べたことがあります。

そこで知ったのは、「不倫をしている人の中には、罪悪感に苛まれている人、不倫のやめ方を探している人がたくさんいる」ということ。

「やめたいけど、やめ方が分からくてやめられない」
なんて、誰も幸せになれませんよね。

そこで今回は、不倫をされた側の人間が考える、不倫のやめ方について書いてみたいと思います。

不倫をやめたい……けどやめられない?

「不倫をやめたい!」と思ってすぐにやめられるのであれば、誰も苦労はしませんよね。

不倫にのめり込んでしまった人のほとんどが「こんなはずじゃなかった」というそうです。

「初めは遊びのつもりだったのに、いつの間にか本気になっていた」
「仕事や家庭のことで相談に乗ってもらっているうちに、好きになってしまった」

不倫の始まりは些細なこと。ところが、気がついたときには体の関係まで持っていた……。
不倫という罪悪感が拍車をかけるのか、「こんなに人を好きになったのは初めてだ」という感覚に陥る人も多いといいます。

気持ちがここまで盛り上がってしまうと、不倫やめたいと思ってもなかなかできません。
誰かに相談することもできず、周囲に秘密にしながら関係を続けることになります。

そうすると今度は「秘密の共有」という心理が、ますます恋愛をヒートアップさせてしますのです。

自分の家庭をを捨ててでも、あるいは相手に家庭を捨てさせてでも、今の恋を成就させたいという人もいるでしょう。
しかし、あなたがそう思っていないのなら、引き返せなくなる前に不倫をやめるのが一番平和な道です。

不倫をやめない人の気持ちって?

不倫 やめ方 気持ち

不倫関係が動くのは、多くが「妻にバレた」「旦那にバレた」ときです。

バレてしまえば当然「不倫相手とは二度と会いません」と約束させられます。
ここでキレイに別れられればいいのですが、不倫をやめないという選択をとる人も、中にはいるのです。

社内で不倫関係になった既婚男性と独身女性の、こんなエピソードがあります。

男性の妻に浮気が見つかり、女性は高額の慰謝料を奥さんに支払いました。
しかし、驚くことに2人は不倫をやめないのです。
表面上は別れたように見せかけて、関係を続けていきます。

もともと上司と部下の関係だった2人は、どちらも会社を辞めずに同じ職場で働き続けました。
奥さんにバレないよう今まで以上に注意を払い、会う時間も減らし、不倫関係を続けていったのです。

数年後には2人の関係は終わってしまうのですが、女性はこの不倫を振り返って、「あのときの原動力は意地だった」といったそうです。

「嫌いになって別れたわけじゃない。相手は自分のことを愛していたし、私も相手を愛していた。だから意地でも続けた」
というのが、この女性が不倫をやめなかった理由なのです。

そもそも、理性ではどうにもならないのが恋愛というもの。
二度と会うなといわれてスッパリ終われるものではありません。
不倫をやめない人にも、さまざまな葛藤があるのです。

不倫をやめるときには“キッカケ”が必要?

『不倫をやめない人の気持ちって?』の中でも書きましたが、不倫関係が崩れるのは「旦那さんや奥さんにバレたとき」です。

では、不倫をやめるときには、「誰かにバレる」など何かしらのキッカケが必要なのでしょうか?

これは人それぞれですが、何かのキッカケがなくても、罪悪感に勝てずに不倫を終わらせようとする人もいます。

どういうふうに不倫が始まり、どういうふうに終わるのか。
大きく影響してくるのが、「お互いの立場」です。
3つのタイプ別にまとめてみました。

◆既婚男性と独身女性◆

不倫の始まりは、男性からというケースが多いです。家の居心地が悪かったり、子供にばっかり構う奥さんが気に入らなかったり、家庭に不満を抱いて不倫をします。

そしてこのパターンは、男性の妻に不倫がバレることがとても多いです。
「奥さんにバレた」というキッカケで不倫が終わります。

中には、「後で辛くなるのは自分だから」といって、のめり込む前に女性の方から男性に別れを告げることもあるそうです。

しかし男性はこの辺の危機感が非常に甘いので、「大丈夫だから」という根拠のない説得と甘い言葉をかけることによって、不倫関係を続けます。
そして結局、奥さんにバレて修羅場を迎えます。

女性の方が被害を受けることが多いのが、このパターンの特徴です。

◆独身男性と既婚女性◆

一見、レアケースにも思えるこの組み合わせ。
上司の女性と部下の男性が陥りやすいため、男性の方が年下であるケースがかなり多いといいます。
てきぱきと仕事をこなす女性に男性が惚れるところから、不倫が始まっていきます。

このケースでは、「気持ちが冷めたから」という普通の恋愛と同じような理由で不倫が終わることもあれば、「旦那に見つかったから」というキッカケで終わることもあります。

この組み合わせで怖いのは、家庭を持っているほうの女性が妊娠してしまうパターンです。

女性の方は旦那に不倫を隠そうとするため、ときには不倫相手よりも旦那や家族を優先します。
そんな女性を見て、不倫相手の男性が旦那に闘争心を燃やしてしまうのです。

妊娠してしまっては、女性は離婚するしかなくなります。
では晴れて不倫相手と結ばれるのかというと、そういうわけでもないのです。

不倫中は楽しくても、いざ責任を取って結婚となるとなると尻込みしてしまう男性が多く、結局そのまま消滅してしまうことが多いんだとか。

そんなことになる前に、早めに手を引くことが重要ですね。

◆既婚男性と既婚女性◆

「ダブル不倫」とも呼ばれるこの組み合わせ。

職場で不倫が始まることもあれば、子供の学校行事などを通して知り合い不倫に発展することもあります。

既婚者同士、相手の立場や事情がよく分かるため、奥さんや旦那に隠したままうまく長続きすることもあるそうです。

ところが、その辺の価値観が違う男女だと、このダブル不倫もうまくいきません。

例えば、家庭はうまくいっていてちょっとした遊び相手がほしいだけの男性が、夫婦関係が破たんしていて離婚目前の女性と不倫した場合。

「私はいつでも離婚する準備はできている。あなたはいつ離婚してくれるの?」
「私はこんなに家庭を犠牲にしているのに、なぜあなたはいつも家庭を優先するの?」

という揉め方をする場合もあります。
ここで男性が適当にごまかしたりはぐらかしたりすると、女性は怒って男性の家庭を壊しにかかります。
実際に、そういうケースがあるそうです。

これは極端な話しかもしれませんが、「既婚者」という同じ立場だからこそ、分かち合えることもあればすれ違うことも多いというのが、この組み合わせの特徴です。

カップルの数だけ別れの数もあります。

ここで書いたのはあくまでも「そういう傾向があります」というものですが、不倫をやめるときには必ずしもキッカケが必要というわけではないのです。

不倫をやめる方法ってあるの?

不倫 やめ方 方法

ここまで、不倫をやめない人の心理や、不倫の始まり方と終わり方について書いてきました。
では、不倫をやめるにはどうすればいいのでしょうか。

タバコをやめる、お酒をやめる、というのと似たようなことになりますが、結局は自分の意思で関係を断ち切るしか、不倫をやめる方法はありません。

不倫をやめることの難しさは、「相手のことが嫌いになったわけではないのに別れなければならない」ということです。

思い出のものを全て捨て、連絡先をアドレス帳から消し、二度と会わないと自分で自分に約束をしましょう。

自分が不倫をやめたくなったからといって、一方的に関係を解消させることはできません。
きちんと相手と話し合い、わだかまりを残さないようにしないと、思わぬ復讐を受けることもあります。

復讐されるのが怖いから相手の機嫌を取れ、というわけではありませんが、不倫関係というのは多くの人を巻き込みます。

わだかまりを残したまま一方的に不倫関係を終わらせてしまうと、怒った不倫相手はあなたの奥さんやご主人に告げ口するかもしれません。

そうなれば、あなたと不倫相手だけではなく、奥さんや旦那さん、お子さんまで傷つけることになります。

始めはちょっとした出来心でも、それを終わらせるのは難しいもの。
ですが、引き返せなくなる前に不倫をやめることで、傷つく人を1人でも減らすことができるかもしれないのです。

不倫のやめ方 ~まとめ~

不倫のやめ方をテーマに書いてきましたが、いかがでしたでしょうか。
ここで、簡単におさらいしておきましょう。

 罪悪感や秘密の共有という心理が、不倫をヒートアップさせる
 周りに反対されればされるほど、意地になって不倫を続けてしまう人もいる
 不倫をやめるときには必ずしもキッカケは必要ではない
 不倫をやめるには自分の意思で関係を断ち切るしかない
 不倫をやめたいと思うのなら、多くの人を巻き込む前に終わらせる

この記事を読んでいるあなたは、不倫をされている人でしょうか、不倫をしている人でしょうか。

不倫をされている人なら、ご主人や奥さんが必ずしも不倫生活を謳歌しているわけではないということを分かってあげてください。

不倫のやめ方が分からずに悩んでいる人、「妻になんていえばいいんだろう」「主人にあわせる顔がない」と思い詰めて不倫関係を終わらせられない人、いろいろな人がいます。

確かに、不倫の被害者はあなたです。許す義理はないかもしれなせん。
しかし、ご主人や奥さんに帰ってきてほしいと思っているのなら、少しでも戻ってきやすいように家庭を温めて待ってあげてください。

この記事を読んでいるあなたが不倫をやめたいと悩んでいるなら、少しでも参考になることがあったでしょうか?

世間に認められない、誰からも祝福されない、多くの人の人生を巻き込んでしまうかもしれない……。
不倫をしている間も、このような苦しみがあったかもしれません。

ですが、
「後ろめたさを抱えたまま、浮気相手も家族も大切にできなくなる」
ということはとても悲しいことですよね。

浮気相手と別れて家庭に戻るか、家庭を捨てて浮気相手との人生を選ぶか、それはあなたの自由です。
どちらの道を歩むにしても、この記事が少しでもあなたの役に立つと嬉しいです。

コメントを残す