妻が浮気!? 証拠を押さえるとっておきの方法とは!?

妻 浮気 証拠

ここ最近、女性が浮気をするケースが増えています。
多くの探偵事務所でも、「妻の浮気の証拠をつかんでほしい」という男性からの依頼が急増しているんだとか。

中には、「探偵に頼らずに、自分で妻の浮気の証拠を押さえたい!」という男性も多いでしょう。

しかし、女性の私がいうのもなんですが、女性は隠すのがうまいうえに、精神的にもしたたかなので、カマをかけても成功しづらいです。

そこで、今回は、

・妻の浮気の証拠を押さえるポイントとは?
・証拠集めの際に、とってはいけない行動とは?

の2点について、お伝えしたいと思います。

妻が浮気!? 証拠を押さえるポイントとは?

妻 浮気 証拠

奥さんが浮気をしている証拠があれば、奥さんに浮気の事実を確認する際や、離婚の際に、役に立ちます。

ただ、証拠といっても、なんでもいいわけではなく、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。そのポイントも合わせて紹介していきますね。

写真を証拠にする

動かぬ証拠として最も効果的なのが写真です。
しかし写真も、ポイントを押さえないと証拠として認められない場合があります。

例えば、「知らない男とホテルに入っていく奥さんの写真が撮れた」というシチュエーションで考えてみましょう。

その写真には、第三者が見ても「知らない男と奥さん」だと分かるくらい、鮮明に顔が写っていますか?
また、2人が入っていったホテルは、ラブホテルでしたか?

大事なポイントは、個人が識別できるくらいはっきりと顔が写っていないと証拠にはならないということです。

「最近のスマホは画質がいい」とはいっても、夜間に遠くからズームをすると、画質は落ちます。
カメラはできるだけ性能のいいものを使いましょう。

ほかに素人の方がやりがちなミスとしては、シャッター音やフラッシュの問題もあります。
せっかくうまくいった尾行も、撮影の段階で「ピロリロリ~ン♪」なんて鳴ってしまっては台無しです。

また、2人が入っていったホテルがラブホテルかどうかも重要になってきます。
これがビジネスホテルだと、「仕事の打ち合わせをするために寄っただけ」と言い訳をされる可能性があります。

「浮気の証拠になる・ならない」の境界線は、多くの場合「不貞行為があったかどうか」で引かれます。

そのため、入っていったホテルがラブホテルでないと、「浮気の証拠」としては難しくなります。

「2人っきりで喫茶店でお茶をしている場面」「2人っきりで居酒屋で飲んでいる場面」なども、基本的には浮気の証拠にはなりません。

・顔(できれば奥さんと相手、2人の顔)が鮮明に写っていること
・「不貞行為」であることの証明になること

写真を証拠として残す際には、この2点に注意しましょう。

メールのやり取りを証拠にする

浮気を疑う多くの方が行う、メールチェック。
メールも、浮気の証拠にするにはコツがいるんです。

まず大事なのは、証拠の残し方です。
奥さんのスマホからあなたのスマホにメールを転送する方法は、おすすめできません。

あなたのスマホに奥さんと浮気相手のメールが残っていても、「身に覚えがない」「私の端末にはそんなメール残っていない」「旦那にねつ造された」と、返り討ちにあうだけです。

また、送信履歴から、あなたがいろいろ嗅ぎまわっているのがバレる可能性があります。

そこで、メールを転送するのではなく、奥さんのスマホにメールを表示させ、それをカメラで撮影してください。

こうすれば、「身に覚えがない」という奥さんの主張のほうが弱くなりますし、送信履歴からバレる心配もありません。

次にポイントなのは、メールの頻度です。

先ほど、浮気の証拠となるためには「不貞行為があったかどうか」を明らかにさせる必要があると書きました。

ところが、メールで、この「不貞行為の事実」を押さえるのは難しいものです。
ですが、メールだからこそ押さえられる事実があります。

それは、「どのくらい頻繁にメールのやり取りをしているのか」です。

「好きだよ」「今日も楽しかったね」というメールを毎日送りあっているのであれば、「2人はかなり親密な関係だ」ということの有力な証明になります。

浮気相手とのメールの受信日と送信日も一緒に画像に取っておき、頻度が分かるような形で残しておきましょう。
メールの頻度自体は直接的な証拠にならなくても、残しておく価値は十分にあります。

・メール本文が表示された奥さんのスマホを、自分のカメラで撮影する
・「常日頃から親しいメールを送りあう仲だ」ということの証明をする

これが、メールのやり取りを証拠にする際の注意点です。

妻が浮気!? 証拠集めの際に、とってはいけない行動とは?

妻 浮気 証拠

「妻が浮気?」と思えば思うほど、だんだん余裕がなくなってきてきますよね。
しかし、ここをグッとこらえられるかどうかが、証拠集めが成功するカギなのです。

プロの探偵から見ると、素人が証拠集めに失敗する原因のほとんどは、「証拠が集まっていないのに感情だけで問い詰めてしまうこと」だといいます。

例えば、あなたが奥さんを尾行していたとしましょう。
夜になり、奥さんが浮気相手とホテルに入る現場を突き止めました。

咄嗟にスマホで撮影しましたが、画像は暗くて、奥さん本人であるかどうか判断ができません。証拠としては不十分です。

このような、証拠がきちんと集まっていない段階で「浮気していただろう!ホテルに入るのを見たんだぞ!」といっては絶対にダメです。絶対です!

「証拠があるんだからな!」と、さっきの画像を見せても、それは奥さんかどうかが判断できない画像です。
「私じゃない」といわれたらおしまいです。

確実な証拠をつかみたいのであれば、中途半端な状態で相手を問い詰めてはいけません。

女性の多くは、「男性は女性よりも勘が鈍い」と油断しています。
そこを利用して、何も気づいていないフリを続けましょう。

少しでも怪しいと感じると、女性は警戒心を強めます。
「ちょっとでも勘づかれたらすべてパーになる」ぐらい慎重に。

誰が見ても奥さんが浮気をしているという証拠が手に入るまでは、とにかく我慢が大事です。

妻が浮気!? 証拠を集めるとっておきの方法とは? ~まとめ~

妻の浮気の証拠を集める方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
簡単におさらいをしましょう。

 写真を証拠にする場合
  →顔(できれば奥さんと相手、2人の顔)が鮮明に写っていること
  →「不貞行為」であることの証明になること

 メールのやり取りを証拠にする場合
  →メール本文が表示された奥さんのスマホを、自分のカメラで撮影する
  →「常日頃から親しいメールを送りあう仲だ」ということの証明をする

 相手を問い詰めるのは、完璧な証拠が十分な数だけ揃ってから

ざっくりポイントをお話ししてきましたが、自分でやるのはかなりの根気やテクニックが必要です。

私が個人的におすすめなのは、全て自分でやろうとせず、できる範囲は自分でやって、残りは探偵などプロに任せてしまうこと。

例えば、「メールチェックは自分でできる」というのであれば、メールから浮気をしそうな日の目星をつけて、その日1日の尾行は探偵にお願いしてみてはどうでしょうか。

当サイトでも、探偵事務所や興信所の情報をたくさんご紹介しています。
あなたのモヤモヤした気分が少しでもよくなると嬉しいです。

コメントを残す